熱中症 意識消失 対処

木漏れ日

知ってると役に立つ知識、話題の情報を発信してます

熱中症で倒れた主人が意識消失した時のことと対処法について

読了までの目安時間:約 8分

ここ数年、夏は猛暑日が多く、熱中症で具合が悪くなり救急車で運ばれる人もいますね。
だけど自分は大丈夫だと思いがち。
私も以前はそうでしたが、主人が熱中症で意識消失したことをきっかけに、人ごとではないのだと実感しました。
今日は主人が倒れたときのことと、熱中症の対処法についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

 

熱中症対策はしていたつもりなのに突然、意識を失って倒れた主人

その日は、どうしてもはずせない用があり夫婦で出かけていました。

 

しかし初めての場所だったため道に迷ってしまい、
なかなか目的地にたどり着けなかったんです。

 

あまりの暑さでノドは乾くし体はだるくなるしで、
途中でデパートの中に入って座って涼んだり、
自動販売機でジュースを買って飲んで水分補給をしたり、
一応、熱中症対策はしていたつもりでした。

 

それが・・・
あと少しで目的地、という所で、
いきなり、主人がバタンと倒れてしまったんです。

 

熱中症の症状で聞いたことがある、
気分が悪くなるとか頭が痛いとか、めまいがするとか、
そういう前触れのようなものは一切なく、本当に突然
でした。

 

しかも呼んでもゆすっても返事をしない。
完全に意識を失っていました。

 

 

 

救急車を呼ぶか呼ばないかの選択で迷った

 

 

光

 

 

倒れた場所は建物の中に入ってすぐだったので、
その建物の中で働いている人が
私が主人に「しっかりして!!」
とか言ってる声を聞きつけて出てきてくれました。

 

そして、「どうしたんですか?」と声をかけてくれました。

 

私はその時、パニックになっていたため、
どうしたらいいかわからない、というより、
たぶん、何が起きたのかちゃんと理解できてなかったと思います。

 

なので、見知らぬ人でも声をかけてもらえたことは、
本当にありがたかったし、
そこでハッと我にかえることができたんですね。

 

その人は
「救急車、呼びましょうか?」と言ってくれました。

 

でも、そこで私は迷いました。

 

救急車を呼ぶほどのことなんだろうか?
しばらくすれば意識は回復するんじゃないのかな。と。

 

どうするか考えている時に少し冷静になることができ、

そうだ、もし意識がここで回復しても電車に乗って家に帰るのはムリかも。

 

頭も打ってるし念のため救急車を呼んだ方がいい。

そう判断して救急車を呼んでもらいました。

 

 

熱中症になった時の対処法は

 

mizuglass

 

 

汗を大量にかいていると血液中の塩分濃度が薄くなっています。
人によっては痙攣が起きる場合もあります。

 

血圧が高い人は塩分制限するのが当たり前みたいになっていますが、
汗をたくさんかいた時には塩分もとりましょう

 

意識があって口で飲むことができるなら、今は経口補水液という便利なものがあります。
経口補水液の中には糖分もですが、塩分も入っています

そのことからも、塩分を摂ることの必要性がわかりますよね。

 

意識消失している場合は涼しい場所に静かに移動させて、
衣類をゆるめて体を締め付けないようにします

 

そして間違っても私がやったみたいに、
倒れた人をゆすったりしないでくださいね。
頭を打っていれば、なおさらです。

 

そして意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう。

 

病院で点滴などの処置をすると回復が早いです
点滴はブドウ糖や生理食塩水、リンゲル液など。

(リンゲル液には塩分が入っています。
摂りすぎはいけないけど熱中症や脱水の時は塩は必要なのです)

 

 

救急車で病院に搬送された主人への処置は

 

担架に乗せられ救急車の中に運ばれた主人は、
運よく家の近くの大学病院に搬送していただけました。

 

頭を打っていたため、レントゲンやCTを撮り、
その後はベッドの上で点滴をしました。
(ブドウ糖と生理食塩水でした)

 

その後、家に帰宅。
当日のお風呂は禁止で、しばらく安静の日が続きました。

 

 

それ以後の外出時の熱中症対策は

 

私はもう、あんな経験はこりごりなので、
それからは暑い日に外で大量に汗をかいてきたら
すぐに水分補給をするのはもちろんですが、
カキ氷を食べて熱くなった体を冷やすようにしています

 

熱中症にはアイスがいい、みたいなことも聞きますが、
私はカキ氷の方が(ガリガリ君とか)早く体が冷えるしノドもかわかないので、
カキ氷を食べます。
カロリー的にもカキ氷の方が低いですしね♪

 

また塩分補給のために塩飴もバッグに入れています
経口保水液を持ち歩くのは、かさばるから、
塩飴を持っていると安心ですよ^^

 

 

主人の場合は突然、倒れましたが、
人によっては、倒れる前に意識がもうろうとしてきたり、ボーッとしたり、
あるいは頭痛や吐き気が起こる場合があります。

 

これから気温が高くなります。
外出時には飲み物と塩飴を持参することをおすすめします。
あとは扇子やうちわなどを持っていると、
自分も涼しくなれるし、もし暑さで具合が悪くなっている人がいたら、
あおいであげることもできるので便利です。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサーリンク

 

タグ :

健康

この記事に関連する記事一覧